革のセカンドバッグ|イチオシ商品を厳選ピックアップ

 

かつては、マスコミに登場するスポーツ選手などが全員小脇に抱えていたセカンドバッグ。最近では年配の方が持つものだ、というイメージが先行してしまったのが、あまり街の中でも持ち歩いている男性は見かけません。ですが、使用するタイミングさえ間違えなければ、セカンドバッグはまさに大人のカバン。できれば高級革のセカンドバッグを購入して、いざという時にはファッションに加えるとインパクト抜群です。

 

イタリアの高級皮革製品を紹介しているココマイスターでも、おしゃれなセカンドバッグが話題を集めているようです。それが、植物の渋を使用してなめされたというベジタフルタンニンレザーを使用した、「パティーナ・セカンドバッグ」です。植物の渋だけを使用して加工しただけあり、革本来の美しさを存分に楽しめる贅沢なカバンです。ヌメ革の表面には樹脂加工がされていますので、年月を重ねてもなお個性をもって光り輝く、そんな革バッグに仕上がっています。成牛のショルダー部分だけを使用しているそうですので、作りも丈夫であることがわかるでしょう。

 

セカンドバッグとして普通に持ち歩けるだけではなく、サイドにハンドルがついていますのでそちらを指先で持つことも可能です。少しルーズに持てば、男性の魅力が増して見えることでしょう。シンプルながらも美しいフォルムは、「セカンドバッグなんてダサイ」という既成概念を壊してくれるような力強さを感じさせます。

 

また、ちょっと変わったデザインのセカンドバッグを選びたいなら土屋鞄製作所の「コンフィオヌメ革ベルトセカンド」をチョイスするのもいいかもしれません。普通ならば長方形のデザインであるセカンドバッグが、まるみがあるデザインになっているところが個性であり、魅力でもあります。ゆるやかなカーブがついたデザインからは、「他の男性とは違う」魅力と自信がくっきりと浮き彫りになることでしょう。こちらも素材はヌメ革であり、手入れをきちんとすれば何十年も使用できるバッグだそうです。

 

使い始めはかたいと感じることもあるかもしれませんが、丁寧に使えば使うほどやわらかくなっていく、味が出てくるのも革製品ファンにはたまらないでしょう。リストバンドもついていますので、いざという時には手首からぶら下げて使用することも可能です。内部には名刺ポケットやペンを保管できるスペースもありますので、ビジネスシーンにおいても大活躍してくれそうな逸品です。カラーはブラック、ブラウン、チョコなどのカラーが展開しています。大人のスマートさを演出したいという男性には、うってつけの製品とも言えるでしょう。

 

http://cocomeister.jp/fs/cocomeister/3023/23000036
http://www.tsuchiya-kaban.jp/products/detail.php?product_id=30