ヌメ革とは?ヌメ革バッグの魅力と特徴

 

革バッグにも色々な素材や手法があります。それぞれの種類によって、味わいや風合いなどの個性が違います。その中でもヌメ革とは、植物由来の成分であるタンニンでなめした皮革です。なめすとは、革に含まれているたんぱく質や脂質などを取り除き、薬品などを使って処理をし、革の耐久性や耐熱性を持たせたり、革を柔らかくするために行うものです。ヌメ革は特に植物に含まれているタンニンでなめしているので、余計な薬品処理はされていません。

 

そのため他の革よりも繊維の目が詰まっているために、とても丈夫で長持ちするのが特徴です。多少荒く扱っても、革自体には大きなダメージとはなりません。しかしその反面、表面加工がされていないのでこすれなどで簡単に傷がついてしまうのです。

 

また最初はその繊維の目の細かさにより、とても革自体が固いです。使いこむことによって繊維の目がほぐれてきて、柔らかくなっていきます。使っているうちに自然と手の脂がなじんだり、日の光に照らされることでツヤが出てきて色もあめ色へと変わっていくのです。そしてその変化の間についた傷などがまた味となり、すべてを含めて世界でたった一つの革バッグへと変わっていくのです。使用すればするほどに味が出てきて、またその丈夫さにより10年後の変化が楽しめる皮革なのです。
古くから愛されているヌメ革ですが、長い時間を共にすることが出来る素材ということだけが魅力ではありません。薬品を使用していないことから、廃棄後は土へと還ることが出来る自然に優しい素材であるということもその一つであることは間違いありません。ウィークポイントは水にとても弱いことです。特に使い始めは表面に保護するものがないので、水に濡れてしまうとシミになってしまいます。長年愛用していけばそれも目立たなくなるので、ひとまず安心ではあります。ある程度使用していくと、表面に油などが付いてそれが保護する役目を担ってくれますので、その期間中は注意が必要です。

 

それから、革自体の元は動物の生の皮です。前出の通り、ヌメ革は表面加工をしていないので、その風合いや個性が残ったままになっています。生前についた傷痕や血が通っていた痕もそのままで残っています。そして生き物だったがために、それぞれ同じ傷痕はなく、それぞれの革ごとに個性が違うのです。まさに世界に一つしかない、自分だけの唯一の革バッグであり、そして長く愛用することによってその個性が光り輝くのです。手入れ方法ですが使用し始めならば、表面保護のためにクリームや防水スプレーを使用するとシミになりにくく、また汚れがつきにくくなります。しかしながらヌメ革は傷やシミが個性へとなっていくので、あまり神経質にきれいにしておかずに気にせずに使用していった方がその後の変化をおおいに楽しめます。