加工の種類記事一覧

革バッグにも色々な素材や手法があります。それぞれの種類によって、味わいや風合いなどの個性が違います。その中でもヌメ革とは、植物由来の成分であるタンニンでなめした皮革です。なめすとは、革に含まれているたんぱく質や脂質などを取り除き、薬品などを使って処理をし、革の耐久性や耐熱性を持たせたり、革を柔らかくするために行うものです。ヌメ革は特に植物に含まれているタンニンでなめしているので、余計な薬品処理はさ...

革バッグと聞くと、長年使用出来、その期間使い込めば使い込むほどに味わいが出るということを連想します。一言で革バッグと言えばそれでおしまいですが、実際には革自体にも種類があり、製法にも色々な種類があります。その中でも古くから愛されているのがタンニン鞣しという製法です。鞣しとはなめすことです。薬品を用いて革に含まれているたんぱく質や脂質などを除去し処理して、革に耐久性や耐熱性、そして柔らかさを施すこと...

日常の中でバッグとは必需品の一つです。外出時に荷物を入れるという役目だけではなく、特に女性にとってはおしゃれの一部としてなくてならないアイテムの一つであると思います。その中でも革バッグと聞くと、長く使えるいいものというイメージが印象に強く残ります。上質でスタイルを選ばず、そして長い期間使い込むことで味わいや風合いが出てくる革バッグは人の歴史を刻むアイテムでもあるのです。しかしながら革バッグと一言で...