手作り革バッグ|イチオシ商品を厳選ピックアップ

 

男性はカバンを選ぶ際に気にされているのは、やはり「デザイン性」「耐久性」「どれだけ長く使えるか」「収納性」などの点でしょうか。ですが、全部がバランスのとれたバッグというのはなかなか見つからないものでしょう。探しているうちに疲れてしまい、適当なバッグで妥協してしまうという人もいるかもしれません。そんな時には、ネットで商品を探してみるのもオススメです。

 

たとえば、イタリアの高級皮革製品を中心に取り扱っているココマイスターでも、多くのバッグが見つかるでしょう。しかも、職人がひとつずつ手作りしているということからも、その信頼性が高いことがわかります。

 

たとえば、こだわりの手作りトートバッグとしてチェックしておきたいのが「ヴェッキオ・バロントート」です。なんと帆布とイタリア皮革を組み合わせたという、信じられないような斬新なトートバッグだそうです。登山用のテントに使用されることもあるほど丈夫な帆布と、ヴィンテージ感あふれるイタリアンレザーが不思議とマッチした個性的なバッグは耐久性も抜群ですが、もちろん素材にもこだわり抜いた品だそうです。レザー部分はイタリアのトスカーナ地方で職人の手によってなめされたヌメ革ヴェッキオを使用しているそうで、そのヌメ革にオイルを染み込ませてツヤとコシを出したとされています。また、デザインは西洋甲冑をイメージしているということもあり、まさに和洋折衷の美しさが楽しめる、手作りならではのこだわりに溢れたバッグです。

 

また、手作りといえばベジタブルタンニンを利用したイタリアレザーを存分に使用した「パティーナ・フュルストート」もお勧めです。ベジタブルタンニン、つまりは植物の渋だけで革をなめすことで、革本来の美しいツヤや色をそのまま残してバッグに仕上げたというものだそうです。使い込むことによって、ナチュラルな革の色がアメ色になっていく楽しみを感じられるのも手作りならでは、でしょう。スモークと呼ばれる独特の色ムラがあるそうですので、世界にひとつだけ、あなただけのバッグだと考えるとバッグへの愛情がより増すのではないでしょうか。革製品のファンならば見逃せないほど革にこだわって作られているうえに、収納力がありながらも薄くスマートなフォルムを保っているので、オシャレな男性ならば一度は持ちたいトートバッグだそうです。大人の牛のショルダー部分を使用しているそうですので、製品に革のシワが多く見られますが、それこそが本物の革であることの証拠です。シワや色ムラは本物の高級皮革を使った手作りのバッグだからこそ味わえる、極上の一品だと言えるでしょう。

 

http://cocomeister.jp/fs/cocomeister/3020/23000016
http://cocomeister.jp/fs/cocomeister/3020/23000041