日本の革バッグ人気ブランド一覧

 

日本の手作業というものはその品質が高く、世界でも認められています。細やかさや丁寧さ、そして仕事への厳しさはまさに世界トップレベルといっても過言はありません。そんな日本の手仕事はバッグという分野でも変わりはありません。縫製の丁寧さやこだわりは長く愛用するためには必要不可欠な要素であるといえます。その品質の高さを継続しながらも、新しいものや定番のバッグを作っているのです。

 

土屋鞄は元はランドセルの製造所として始まったそうです。しかしそのシンプルなデザインと、本物を追及し職人の手によって作られている革バッグはまさに最上級の一品。革バッグは、本物は一生使っていくことが出来ると言われますが、それを実現可能にしてくれているブランドであるといえます。シンプルで上質なデザインは、シーンや時代の流行に流されることなく、どんな時にもマッチしてしまうという万能さがあります。そして一つ一つが職人の手作りであり、革も同じものが存在はしません。この世に一つだけの自分だけの革バッグと出会うことが出来るのは、この土屋鞄というブランドなのではないでしょうか。

 

それから他にも基準の高いブランドがココマイスターです。こちらは素材である革にとてもこだわりがあり、最上級の皮革しか取り扱っていないブランドです。一つ一つ職人の手作りであり、またデザインも自社オリジナル製なので、他店に同じものがないのです。そのこだわりである素材の革は、イタリアから直接輸入しており、中には日本ではお目にかかることが出来ないような革も扱っています。また製品にあう革を追及しているので、デザインと素材がマッチした最高級の革バッグを提供しているのです。

 

それから人気なのはHERZというブランドです。HERZとはドイツ語でハートという意味で、一生使えるバッグをテーマに心をこめた革バッグを作り続けています。革の裁断から裁縫まで、すべて職人による手作業で作られているもので、Made In Japanにこだわっておられます。すべてが受注生産なので、持ち主のためだけに作られる革バッグなのです。革の持つ温かみや、永く使っていくうえで味や風合いがなじんでくるのがこのHERZの革バッグなのです。

 

このように日本の革バッグの人気ブランドは、手作りにこだわり、そして革にこだわった本物を作ることを志として革バッグを作られています。革バッグは使えば使うほど味が出るもので、そして長い期間を共にすることが出来ます。末永く使うのならば、一つ一つの製品に心のこもった本物を使いたいものです。

 

<土屋鞄 http://www.tsuchiya-kaban.jp/>
<ココマイスター http://cocomeister.jp/>
<HERZ http://www.leatherbag.co.jp/>